HOME > サポート > マルチベンダーサービス > 対象範囲及び注意点
マルチベンダーサービス

対象範囲及び注意点

対象範囲

  1. お客様設置となっている日本国内仕様商品
  2. 日本国内ハードウェア商品(PC、プリンタ、ネットワーク機器)の設置役務代行、障害対応
  3. 日本国内ハードウェア商品(PC、プリンタ、ネットワーク機器)に対する
    日本国内仕様オプション品/周辺機器の取り付け代行、障害対応
  4. 日本国内ハードウェア商品(PC)に対する日本国内仕様ソフトウェア
    (OS、ネットワークOS、アプリケーション、フォント、プリンタドライバ、各種ユーティリティーソフト)の
    インストール代行、障害対応
  5. 日本国内仕様ハードウェア、ソフトウェアの環境設定代行
  6. ソフトウェア商品は、ソフトウェアメーカーが動作保証するハードウェア商品への役務に限定
    (特にWindows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8はマイクロソフト社より提示している
    ハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア商品への役務に限定します。)
  7. ※ 本文中の‘PC’とはIntel系CPU(互換CPU含む)搭載のDOS/V機、PC98シリーズ、
    及びApple社純正PC、Apple社認定MacOS互換PCを表します。

 

注意点

  1. 個別カスタマイズや個別プログラミングが必要なソフトウェア、及びフリーウェア等、
    以下のソフトウェアは対象としません。

    ・業務ソフトウェア
    ・開発ソフトウェア(個別受託開発ソフトウェア等)
    ・フリーウェア、シェアウェア等メーカーサポートが提供されないもの
     
  2. HDD交換、OS再インストール等により既設置PCからのデータ移行が発生した場合、
    データのバックアップ、復旧作業はお客様に実施していただきます。
    やむを得ず弊社エンジニアがそれを実施する場合、データの損失については責任を負いかねます。